2020/10/16

1本1600円のシャンプーを使ってから髪がしっとりしている。

美容院を6年通っていたところから、半年前に家の近所のお店に変えた。

出会いはいつも必然で、適当に予約した美容院の美容師さん(店長)がものすごく好きな体型かつものすごく好きな顔(マスクしているので顔半分は未知)かつものすごく好きな話し方かつものすごく好きな声だった。

実家の家業が同じく水産系。これを運命と言わず何というんだと思いながら、半年間(2カ月に1回)通っている。通っているが年齢すら聞けないチキン。そうそれ私。

こないだ髪を切りに行ったときに、シャンプーを買ったのだけどもう手放せない。こういうところに金をかけるべきだったのかと目からうろこである。

この美容院に通い始めてから美容師さんの言う通りにしている。この年齢になるとほぼこだわりがないし、髪多いし、切っても切っても一緒だ!と思うばかり。

性的な目で見てしまっている自分に気づいたり、なんとなく頭がおかしいんだろうなと思っていたけどそれが確信にかわる日だった。爪や指先をみて欲情する日がくるんだなんて。

 

仕事。昨日に引き続き、Kさんをバカがイラつかせていた。久々にこんなイラついたと言っていたので、初めてそんなイライラした空気出してるの見ましたと返した。

 

この会社に入って自主的に食品表示の勉強をして、わりと詳しくなっている。商社から聞かれることが毎度おなじみだったりする。今日は去年と同じ問合せをしてきて、右から左に流す奴は楽だなと思った。中国のビザ申請もやばい。

仕入先のシャッチョサンの愚痴を聞く。同業なので超わかるぅ~。と思った。愚痴の年表が長い。リーマンショックからという文言聞くとは思わなんだ。

 

去年、自力でみつけた印刷会社の営業Uさん(男性)が本当に神みたいな人というか神かもしれないという感じだった。

高身長、眼鏡、話し方優しい、しゅっとしている、腰の位置が高いというスペックだった。

弊社のえらいおっさんに急に言われたことを、お願いしても完璧にやってくれる最高人間で、私のつらい社会人生活の小さなオアシスと化していたのだったが、担当が変わると聞いてスーパー激へこみだった。

かわった担当があまり対応してくれないので、久々だったこともあり、担当が変わったのを忘れたふりして、Uさんに問合せをした。携帯のショートメッセージでえへへ☆変わってましたっけ、すいません、今度飲みに行きましょう~(社交辞令)みたいなのを送ったらいつにしますか?と返ってきた。神に恩返しする日がくるとは思ってもいなかったわけだった。